松村 光太

様々な看護を学ぶ事ができると感じたので茨木医誠会病院に入職を決めました。

松村 光太(2018年入職)

勤務科:障がい者病棟

出身校:名桜大学(沖縄県)

松村さんのコメント

茨木医誠会病院では一般病棟・療養病棟・回復期リハビリテーションといった様々な看護を学ぶ事ができます。またグループ留学制度もあり、急性期から終末期まで幅広い知識を身につけられて、キャリアアップしやすい環境が整っている所にも魅力を感じました。

1年目で苦労した事は、業務の優先順位のつけ方です。学生の頃は受け持ちの患者さんが1人でしたが看護師として働くと複数名受け持つようになります。最初は非常に戸惑いました。先輩看護師に相談して、事前にどの患者さんからベッドサイドに行くかタイムスケジュールを考えてから行動するといいよとアドバイスをもらいました。

先輩からのアドバイスで今ではしっかり優先順位をつけ、タイムスケジュールを立てるなど効率よく対応できるようになってきています。

先輩のアドバイスに加え、患者さんの元に行く時に患者さんの表情やしぐさなどもしっかり観察し、今日の患者さんの状態を把握した上で優先順位をつけるよう心がけています。

休日は買い物や温泉に行ったり、友達と旅行に出かけたりとうまくリフレッシュするようにしています。休みの日に家でゆっくり体を休める事も大事ですが、自分にとっては休みの日こそ外に出て色々な場所で人と関わってリフレッシュする事が一番のリフレッシュ方法になっています。


【看護師を目指す皆さんへ】

仕事は大変な事もありますが、楽しいこともあります。患者さんにケアを行い感謝された時や、今まで出来なかった処置が出来るようになった時には仕事のやりがいを感じます。

学生の頃は記録や授業などで忙しいですが、今思えばその全てが看護師となった今、非常に重要だったなぁと感じます。学生の頃に将来どのような看護を学びたいか考えておく事で就職活動もしやすくなると思います。

一日一日を大事にして学生生活を楽しんでください。