教育体制

2021年2月 安全な移乗

2021年2月19日

安全な移乗 安全な移乗 安全な移乗
安全な移乗 安全な移乗 安全な移乗

医療安全担当者とケアスタッフ教育担当との合同開催。ケアスタッフと新人看護師にKYT(危険予知トレーニング)を実施。『安全な移乗』について研修を行いました。

※常に窓を開けて研修を行っています。

2021年1月 褥瘡とスキンテア

2021年1月21日

褥瘡とスキンテア 褥瘡とスキンテア 褥瘡とスキンテア 褥瘡とスキンテア

スキンテア・褥瘡の予防方法やポジショニングについて研修を行いました。マットの種類の説明やどのマットをどのように正しく使うのかなど、具体的な内容について学び、知識を深めました。

参加看護師の感想その1:
ポジショニングや体位変換、背抜きなどの重要さを再確認できました。一つ一つ丁寧でわかりやすく、正しく学ぶことができました。

参加看護師の感想その2:
実際にベッドで寝たきりのまま体勢を変えると、体の節々に痛みや違和感などがあり、改めてキャッチアップの大切さを学びました。体験型の研修でとてもわかりやすく、今後の業務に活かしていきたいと思いました。

※常に窓を開けて研修を行っています。

2020年10月 緊急時対応の研修

2020年10月22日

緊急時対応の研修について 緊急時対応の研修について 緊急時対応の研修について

新人看護研修を行いました。まずは座学で目的・方法・手段の確認を行い、その後シュミレーターを使って実践に移りました。
マンツーマンで出来ていることと出来ていないことの確認をしながら緊急時の対応を学びました。

※常に窓を開けて研修を行っています。

2020年9月 採血・点滴の研修プリセプターシップ

2020年9月26日

緊急時対応の研修について 緊急時対応の研修について

採血・点滴の研修プリセプターシップで勉強会を行っています。今回は、採血・点滴の手技、手順を勉強しました。

※常に窓を開けて研修を行っています。

2020年8月 吸引モデルを使用した研修風景

2020年8月27日

吸引モデルを使用した研修風景 吸引モデルを使用した研修風景

8月に急変時の対応について学びました。誤嚥・窒息時に必要となる救急について吸引モデルを使い、カテーテルの長さを測るなど実際にカテーテルの手技について確認しました。

※常に窓を開けて研修を行っています。

2019年5月 『実践共同体』としての「なび会」がスタートしました

2019年5月23日

なび会(第4回)

3月にスタートした「なび会」も、今回で4回目を迎えました。これまで自分や他の師長をよりよく知ろうと、「ジョハリの窓」を使って主観的な自分と客観的な自分を理解して自己分析をしてみました。未知の自分がひろがりますように。

今回は、看護教育センター高島次長をお迎えし、陣田泰子先生による看護現場学を参考にし、各々のヒストリーを紹介し合いました。いよいよ『実践共同体』としての「なび会」の第一歩を踏み出しました。

2019年4月 師長の学習会“なび会”を始めました。

2019年4月2日

なび会 KJ法を使いた課題解決

“なび会”の名前の由来は・・・1. みんなのナビゲーターになる 2. まなびの時間 3. 良い風になび

看護部管理者たちで命名し、結束力を固め皆で成長をすることを目標に2回/月 “なび会”を開催しています。
第1回目はKJ法を使い課題解決に向け、スタートしました。

トップへ戻る