患者さんを中心としたチーム医療

東春病院では、様々な職種がそれぞれの専門性を活かして患者さんを中心としたチーム医療を展開しています。

患者さんを中心として看護師、医師、臨床心理士、作業療法士、薬剤師、精神保健福祉士、臨床検査技師が連携しています。

医師

患者さんやご家族が混乱することのないよう、医師や看護師などが情報を共有するように心掛けています。また、患者さんに関する悩みを看護師だけが抱え込むことのないよう、チームで連携して悩みなどの問題の解決に努めています。

看護師

患者さん、ご家族の方に対し関心と敬意をもって関わり続けることを心がけています。日常生活の援助やレクリエーションを通じて他職種と連携を図ります。患者さんの変化や回復への兆しを共有できたときは大きなやりがいを感じます。

薬剤師

医師が処方した薬を患者さんが正確に服用できるよう調剤します。投与法や副作用など薬に関する情報を提供します。患者さんに適した薬物治療が出来るよう努めています。

管理栄養士

患者さんの状態に合わせた食事の提供と栄養指導を行っています。また、少しでも食事を楽しんでもらうことと、誤嚥の危険性を考慮して飲みこみやすい状態で提供することを心がけています。

臨床心理士

患者さん自身のことをより深く理解できるように様々な心理検査、心理面接などを行います。他職種と情報を共有し、患者さんの社会生活をサポートできるよう努めています。

精神保健福祉士

患者さんが抱える生活上の様々な問題の解決に向けて日々取り組んでいます。医師、看護師等のチーム全体で情報を共有しながら、患者さんの社会復帰に向けた退院支援の活動を計画・実践しています。

作業療法士

患者さんの思いに寄り添いながら、様々な活動や人とのかかわりを通して、病気からの回復を促し、その患者さんにとって、よりよい生活が送れるよう援助しています。

臨床検査技師

精神症状の影にかくれている身体の病気を見逃さないために、患者さんの身体状態を定期的に検査し、患者さんとともに医療スタッフが治療を進めていけるようにサポートします。

ページの先頭へ