医療法人医誠会 看護師募集サイト


看護師紹介

新卒看護師既卒看護師


医誠会病院に就職を決めた理由

就職先を決めるにあたって、人間関係の良さが一番の希望条件で探していました。インターンにいくつか参加したのですが、医誠会病院で忙しい業務の中、患者さんにはもちろん職員同士で助け合い、声をかけながら仕事をしている様子を見て、入職を決めました。

1年目の研修について

定期的に、ホロニクスグループ全体の研修や勉強会があります。さらに病院毎に1年目の教育目標があり、月ごとに決められた目標があります。病院の研修は同期と一緒に受けるので、同期同士で悩みを共有したり相談したりと、良いコミュニケーションの場にもなっています。
また、看護技術などを動画で学べるアプリもあるので、研修だけでは不安なことがあっても、いつでも自分のペースで復習することができます。

先輩からのサポートで印象に残っているエピソード

業務が進むにつれ不安に思う事が増えていき、自分のプリセプターではない先輩にフォローしてもらいました。その方が担当の先輩に連絡してくれたようで、後日担当の先輩にも相談に乗ってもらえました。不安な気持ちや対策を一緒に考えて頂き気持ちが軽くなり、次から頑張ろうという気持ちになれました。プリセプターの先輩だけでなく、どの先輩も相談したら熱心に教えて下さるので、安心できる環境だと思います。

今後どんな看護師になりたいですか

患者さんに名前を覚えてもらえたり、笑顔で退院していく姿を見た時に、とてもやりがいを感じます。アセスメント能力を磨き、患者さんの個別性に合わせたケアができるよう勉強中です。





医誠会病院に就職を決めた理由

グループ内留学があり、急性期から回復期・在宅まで幅広い領域に携わることができるのがとても魅力的だと思います。キャリアを積んで在宅・訪問看護へと繋げて地域の人を支えられるようになりたいと思い入職をきめました。

1年目の研修について

入職してから半年の間に月に1回~数回集合研修がありました。バイタルサイン測定やオムツ交換など学校で行ったことのある技術から、採血の仕方や輸液ポンプの管理など初めて実践する技術まで一つひとつ丁寧に説明・指導して頂けます。研修後は病棟に戻って先輩と一緒に練習しました。研修中は病棟から教育担当の先輩が来て下さるので、安心して実践できます。

先輩からのサポートで印象に残っているエピソード

私の勤務している病棟では、業務終了時に振り返りノートを用いて、先輩と振り返りをします。ノートに患者さんにできたことや先輩のアドバイスを記載し、フォローして下さった先輩から良かった点や次回何に注意するとより良くなるか記入して頂いて直接振り返ることができます。後日先輩からフォローのメッセージも頂けるので、励みになります。





医誠会病院に就職を決めた理由

看護実習をする中で急性期看護に興味をもつようになり、看護師として幅広く知識や技術を身につけたいと思っていました。また、医誠会病院ではキャリアラダーを用いて教育が行われるので、新人でも安心して入職できると思ったからです。

入職して半年を振り返って

HCUでは様々な病態を見る事ができますが、入れ替わりが多いので勉強することが多いです。業務の優先順位をつけるのが難しかったり、上手く業務を進めることができない時は先輩に相談し、1人で抱え込まないようにしています。また、分からない事は先輩看護師に教えてもらったり、自己学習をしています。

職場の雰囲気や先輩との関わりについて

プリセプターをはじめ、頼れる先輩ばかりです。技術面、アセスメントの視点や優先順位の付け方等的確に分かりやすく指導して下さり、何でも相談できる環境です。同期もHCUでは4人いるので、失敗した事や上手くいかなかったことは情報共有して日々共に成長をしています。

印象に残った出来事

HCUでは重症の方が多いですが、病棟に上がり、段々と元気になっていく姿を見た時にとても嬉しく思います。患者さんからもスタッフからも頼ってもらえ、患者さんの立場にたち思いやりのある看護師を目指し、成長していきたいです。





医誠会病院に就職を決めた理由

将来的に在宅看護・療養期医療に関わりたいと考えています。そのために、まず急性期医療で様々な疾患に触れ、看護知識・看護技術を身につけたいと思いました。医誠会病院は急性期病院ですが、ホロニクスグループとして急性期~在宅看護まで対応した施設もあります。急性期病院で看護師として成長し、将来やりたい看護ができると考えて就職を決めました。

入職して半年を振り返って

働き始めた当初は学生気分が抜けず、また病棟の雰囲気にも慣れず、毎日仕事に行くのがつらかったです。しかし、周りの方々に励まされ、仕事に取り組んでいる内に患者さんの笑顔を見る機会が増え、徐々に看護のやりがいを感じ始めました。私はあまり要領が良くないので、てきぱき動くのは苦手ですが、その分患者さん1人1人に対して丁寧に接することを心がけています。今後は、知識や技術を磨いて患者さんにとってよりよい看護を一番に考えられる看護師になりたいです。

職場の雰囲気や同期の印象について

病棟は年齢的に若い方が多く、明るく、相談しやすい雰囲気です。覚えなければならない知識や技術・業務ははっきり言うとたくさんあり、きついなと思うこともあります。しかし周りの同期や先輩方はとても優しい方が多く、何でもお話を聞いてくれます。失敗して落ち込むこともありますが、本当に明るく優しい方が多い職場ですので、失敗も学ぶことができたと、気持ちを切り替えて仕事に取り組むことができています。

1年目の研修について

研修は基本的な技術・知識を学ぶことができます。病棟の教育担当者が研修を企画してくださっているので、教科書に載っている知識だけでなく、実践的な知識を教えていただけます。1年目の同期がみんな集まる機会があるのは研修だけなので、今の自分の悩みや学んだことをお互い共有し合い、やる気アップの機会にもなっています。

メッセージ

実習や国家試験の勉強、卒業研究など、やらなければならないことがたくさん重なって気持ちも身体もしんどい時期だと思います。焦らず、自分のペースできちんと取り組めば大丈夫です。辛い時は先生や友達に話をしてきちんと息抜きしてくださいね。





中嶋

入職6年目以降の看護師に求められる役割について

私の役割は、スタッフがプライマリー看護師として患者さんへ看護を提供することや部署での自分の与えられた役割や委員会活動を全うできるように、スタッフの補佐となりフォローし相談にのることです。相談してきたスタッフと一緒に悩み解決策を共に考えます。その中で、より患者さんへ良い看護が提供できるように、また働きやすい職場となるように現状を分析し、対策を考えることができるのが6年目以降の看護師に求められる役割であると考えます。

6年目以降の教育について

6年目以降となると患者さんの退院調整や退院支援にも多く関わるため、退院支援について研修があります。他、看護研究があり、私は脳卒中の排便コントロールがうまくいかず困っていたことから、それをテーマにした看護研究を行いました。研修期間は2年間と長く、研究計画は何度も練り直し苦労しましたが、研究を通して知識が広がり、自分の排便ケアに対する看護にも自信が持てるようになりました。

後輩看護師との関わりについて

いつでも後輩スタッフが声をかけやすいように声のトーン、言葉遣い、態度は意識をしています。注意しなければいけないことはその時、その日に伝え時間差がないように心がけています。後輩には「どうなってほしいか」、「どういうところに期待しているのか」を具体的に伝えたいと思っていますが、私自身のコミュニケーション力が不十分で十分に伝えられているかは自信がありません。ただ、伝える内容は具体的であることが大切と考えています。

今後の目標や取り組みについて

今年度、一般病棟へ配属され、退院支援、退院調整に関わる機会が増えました。近年、超高齢化や核家族化が進んでいるため、独居の方や老老介護、認認介護の患者さんもおられます。退院支援への知識を身につけ、患者さんや家族の思いに沿った退院支援を行いたいです。

メッセージ

当院はプリセプターシップやディバディチームナーシングシステムを取り入れているので、仕事もプライベートのことも相談しやすい環境になっていると思います。教育システムも充実しているので安心して働くことができると思います。


看護師 インタビュー

ページの先頭へ