医療法人医誠会 看護師募集サイト


看護師紹介

新卒看護師既卒看護師


医誠会病院に就職を決めた理由

就職先を決めるにあたって、人間関係の良さが一番の希望条件で探していました。インターンにいくつか参加したのですが、医誠会病院で忙しい業務の中、患者さんにはもちろん職員同士で助け合い、声をかけながら仕事をしている様子を見て、入職を決めました。

1年目の研修について

定期的に、ホロニクスグループ全体の研修や勉強会があります。さらに病院毎に1年目の教育目標があり、月ごとに決められた目標があります。病院の研修は同期と一緒に受けるので、同期同士で悩みを共有したり相談したりと、良いコミュニケーションの場にもなっています。
また、看護技術などを動画で学べるアプリもあるので、研修だけでは不安なことがあっても、いつでも自分のペースで復習することができます。

先輩からのサポートで印象に残っているエピソード

業務が進むにつれ不安に思う事が増えていき、自分のプリセプターではない先輩にフォローしてもらいました。その方が担当の先輩に連絡してくれたようで、後日担当の先輩にも相談に乗ってもらえました。不安な気持ちや対策を一緒に考えて頂き気持ちが軽くなり、次から頑張ろうという気持ちになれました。プリセプターの先輩だけでなく、どの先輩も相談したら熱心に教えて下さるので、安心できる環境だと思います。

今後どんな看護師になりたいですか

患者さんに名前を覚えてもらえたり、笑顔で退院していく姿を見た時に、とてもやりがいを感じます。アセスメント能力を磨き、患者さんの個別性に合わせたケアができるよう勉強中です。





医誠会病院に就職を決めた理由

グループ内留学があり、急性期から回復期・在宅まで幅広い領域に携わることができるのがとても魅力的だと思います。キャリアを積んで在宅・訪問看護へと繋げて地域の人を支えられるようになりたいと思い入職をきめました。

1年目の研修について

入職してから半年の間に月に1回~数回集合研修がありました。バイタルサイン測定やオムツ交換など学校で行ったことのある技術から、採血の仕方や輸液ポンプの管理など初めて実践する技術まで一つひとつ丁寧に説明・指導して頂けます。研修後は病棟に戻って先輩と一緒に練習しました。研修中は病棟から教育担当の先輩が来て下さるので、安心して実践できます。

先輩からのサポートで印象に残っているエピソード

私の勤務している病棟では、業務終了時に振り返りノートを用いて、先輩と振り返りをします。ノートに患者さんにできたことや先輩のアドバイスを記載し、フォローして下さった先輩から良かった点や次回何に注意するとより良くなるか記入して頂いて直接振り返ることができます。後日先輩からフォローのメッセージも頂けるので、励みになります。





医誠会病院に就職を決めた理由

インターンシップに参加し、院内を見学させていただきました。その時、1年目の看護師さんが堂々と働いている姿を見て雰囲気の良い病院だなと感じ就職を決めました。

入職して半年を振り返って

ICUという重症度の高い患者さんをケアするため、まだまだできないことも多いですが、少しずつ自立に向けたカリキュラムをこなしていき、ステップが上がっていくことに成長を感じています。

職場の雰囲気や同期の印象について

同じ病棟だけでなく、他の病棟の同期との交流もよくあり、同期同志でごはんに行ったりします。仕事中は厳しい先輩方も休憩中や飲み会の場では楽しく話せる良い先輩方です。

1年目の研修について

初めのうちは社会人としての生活に慣れるために残業せずに帰らせてもらえたり、研修もゆっくりと進めてもらえたので無理なく働くことができました。





摂津医誠会病院から医誠会病院への異動を考えたきっかけ

2年間、療養病棟に勤務していましたが、急性期でもっと様々な症例に関わり、看護スキルを上げたいと思い、異動を決意しました。

摂津医誠会病院と比べて医誠会病院の雰囲気や印象について

とにかく働いているスタッフが若いです。前の職場と比べて自分の悩んでいることが周りも悩んでいることだったりするので、とても相談しやすい職場です。先輩・後輩関係なく、皆さんのスキルの高さに驚く日々です。忙しい業務の中でこそ、皆さんとコミュニケーションをとるようにしています。

異動後して苦労したことや嬉しかったことについて

異動直後は忙しい現場で、優しく丁寧な指導というのが難しい場合があり、質問しづらく萎縮していました。HCUでは自分と年齢が近い方が多く、先輩から話しかけられることで不安や悩みを打ち明けることができました。他のスタッフと連携を図り、対処を迅速に行ったことで患者さんに適切な処置を行えたことが一番の達成感です。

今後の目標や取り組みについて

患者さんに寄り添う看護をしたいと思っています。そのためにも自分のスキルや知識を高めていく必要があると考えています。一日でも早く病棟で役立てるように業務に慣れていきたいと思います。また、知識を深められるようにいつも疑問を持ちながら、仕事をするように心がけています。

メッセージ

ホロニクスグループは急性期だけでなく、在宅医療や高齢者医療まで様々なステージの医療を手掛けています。多岐にわたる医療を学ぶことができ、看護師としてのスキルをあげられる職場だと思います。





中嶋

入職6年目以降の看護師に求められる役割について

私の役割は、スタッフがプライマリー看護師として患者さんへ看護を提供することや部署での自分の与えられた役割や委員会活動を全うできるように、スタッフの補佐となりフォローし相談にのることです。相談してきたスタッフと一緒に悩み解決策を共に考えます。その中で、より患者さんへ良い看護が提供できるように、また働きやすい職場となるように現状を分析し、対策を考えることができるのが6年目以降の看護師に求められる役割であると考えます。

6年目以降の教育について

6年目以降となると患者さんの退院調整や退院支援にも多く関わるため、退院支援について研修があります。他、看護研究があり、私は脳卒中の排便コントロールがうまくいかず困っていたことから、それをテーマにした看護研究を行いました。研修期間は2年間と長く、研究計画は何度も練り直し苦労しましたが、研究を通して知識が広がり、自分の排便ケアに対する看護にも自信が持てるようになりました。

後輩看護師との関わりについて

いつでも後輩スタッフが声をかけやすいように声のトーン、言葉遣い、態度は意識をしています。注意しなければいけないことはその時、その日に伝え時間差がないように心がけています。後輩には「どうなってほしいか」、「どういうところに期待しているのか」を具体的に伝えたいと思っていますが、私自身のコミュニケーション力が不十分で十分に伝えられているかは自信がありません。ただ、伝える内容は具体的であることが大切と考えています。

今後の目標や取り組みについて

今年度、一般病棟へ配属され、退院支援、退院調整に関わる機会が増えました。近年、超高齢化や核家族化が進んでいるため、独居の方や老老介護、認認介護の患者さんもおられます。退院支援への知識を身につけ、患者さんや家族の思いに沿った退院支援を行いたいです。

メッセージ

当院はプリセプターシップやディバディチームナーシングシステムを取り入れているので、仕事もプライベートのことも相談しやすい環境になっていると思います。教育システムも充実しているので安心して働くことができると思います。


ページの先頭へ