医療法人医誠会 看護師募集サイト

医誠会で働くスペシャリスト達 専門看護師・認定看護師

医療法人医誠会には専門看護師・認定看護師が多数在籍しています。スペシャリスト達の活躍の場は院内に留まらず、知識や技術を用いて的確な看護ケアを提供しています。

急性・重症患者看護専門看護師 医誠会病院 師長 鹿島 秀明

専門看護師

日本看護協会の認定審査に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することを認められた資格のことです。

看護師の仕事を可視化すること、それが私の使命!!

専門看護師としてのやりがいは、新しい視点をスタッフに意識させることです。自分自身がみんなを引っ張っていくことが自分の役割だと思っています。現在は院内教育にも携わり、みんなが目標に向かって進んでいけるようにどんな支援が適切なのか仕組みを考えています。未来の看護師さんが看護師の仕事ってこんなにやりがいがあるんだと感じられる形づくりできればいいなと思っています。

感染管理認定看護師 医誠会病院 師長 高鷲 智美

認定看護師

日本看護協会の認定審査に合格した看護師が、特定された看護分野において、患者個人や家族、グループに水準の高い看護を行うとともに、看護職の人たちにも実践と指導と相談活動が行える資格のことです。

感染管理を通して、積極的に活躍の場を広げていきたい

認定看護師を取得してから自分に自信がつき、感染管理は看護部だけでなく、病院全体を把握する仕事なので、以前よりも責任感を持って働いています。院内の講師や市民講座の講師の依頼も受けながら、勉強会を計画したりと活動の場も広がっています。現在はさらなるスキルアップのために院外の講師活動を積極的に受けて、将来は在宅看護の感染管理にも注力していきたいと考えています。

認定看護師認定看護師

各施設と連携し、感染対策・褥瘡対策の質の向上を図っています

病院ではすでに多職種で構成された感染対策や褥瘡対策のチームが活躍していますが、それ以外の小規模施設でも、施設の機能に応じた対策の実施が求められています。そこで本部にも感染対策室と褥瘡対策室を設置し、各施設のスタッフと連携を図りながら講習会の開催や相談に対応し、感染対策・褥瘡対策の推進に力を注いでおります。

資格取得サポート体制

専門看護師は看護系大学院(修士課程)、認定看護師は教育機関(連続6カ月)への通学が必要で、さらに取得後5年ごとに更新が必要となります。そのため、本人の努力はもちろんのこと、周囲の理解やサポートも重要です。

医誠会グループでは資格取得支援制度があり、就学に要する期間を研修扱いとしたり、受講費用のサポートがあるなどステップアップを目指す職員を支援する制度が整っています。
※ ただし、必要と認めた資格(領域)に限ります。その他制度の詳細についてはお問い合わせください。

看護の質の向上を目指して…看護研修センターがサポート

ページの先頭へ